アクセスマップはコチラ

銀座・にわ歯科室ブログ

聖路加国際病院認定登録医

一般歯科

歯周病

にわ歯科室におきましては、観血的歯周治療を一切行っておりません。
院長自身、開業当時の21年前は、メスを握って歯周外科を得意としておりましたが、現在は一時的に治っても再発するリスクが高いことがわかってきましたので歯周外科は殆ど実施することはありません。原因の殆どは、全身の血液循環にあると考えております。
また、喫煙と歯周病の関係も強く解明されています。大学病院によっては、喫煙者の歯周病治療を行っていないところがあります。
2500症例以上の実績があります。

治療方法

レントゲン撮影
レントゲン撮影

歯肉の状態の検査

歯肉縁上・等緑歯石の除去
歯肉縁上・等緑歯石の除去

目に見える範囲の歯石やプラークを、KoVo製のエアースケーラーで取り除きます。
通常の歯科医院では、超音波スケーラーを使いますが、これは患者さんへ苦痛を感じさせますので使いません。

歯ブラシ指導
歯ブラシ指導

1~3回程度指導致します。歯ブラシ指導と同時に、生活習慣についても説明し、指導して行きます。

歯肉緑下歯石の除去
歯肉緑下歯石の除去

基本は、エアースケーラーを用います。
キュレットという特殊な手用器具を併用することもあります。

ここまでで、1-2ヶ月必要です。

定期的に歯肉内を洗浄
定期的に歯肉内を洗浄

KaVo製エアーフローを用いて、定期的に歯肉内を洗浄とPMTCを行います。

料金はこちら

なんでもよく噛める快適な生活を!インプラントが出来ない方もお任せください

義歯

全部・部分義歯に対応できます。特に、全部義歯は最短で5回で治療を終えることができます。
にわ歯科室での義歯は、患者さんへお渡しした後の調整をほとんどしなくても良い入れ歯です。私自身も、10年以上に渡りほとんど調節をしたことがありません。当然のことですが、痛みもなく、外れにくい、良く食事がとりやすい、にわ式入れ歯です。 にわ式入れ歯の咬合様式はフルバランスオクルージョンで、前歯や奥歯でも良く噛めます。そして、入れ歯が外れません。院長自らが歯の配列を患者さんに合わせて行いますのでご安心下さい。650症例以上の実績があります。

総義歯(全部入れ歯)

金属床
金属床

気になるところを金属にすることで、装着感がよくなり強度も増します。何と言っても、舌感が抜群に良いと患者さんから定評があります。

料金はこちら

レジン床

レジン(プラスチック)ということで、強度を持たせる為にある程度の厚みが必要です。この厚みで、口の中が狭く感じる方もいるようです。

健康保険適応

部分義歯(部分的な入れ歯)

レジリレンステレスコープ
レジリレンステレスコープ

にわ歯科室の義歯の中で一番多い義歯です。
すべての方が自分の歯があった時と同じくらい噛めると多くの賞賛と定評のある義歯です。
加えて、保険のクラスプ義歯に比べ、クラスプがないことから審美的に優れています。

料金はこちら

クラスプ入れ歯
クラスプ入れ歯

にわ歯科室においては、治療用義歯に使うことが多い入れ歯です。しかし安価に出来るという最大の利点がありますので、取りあえず入れ歯を作りたいという方にはお勧めです。

健康保険適応

部分義歯(部分的な入れ歯)

健康保険の銀歯、20Kの金歯に分かれますが、にわ歯科室ではどちらも対応させて頂いております。

料金はこちら

健康保険の全部被せ物
健康保険の全部被せ物

利点:安価
欠点:耐久性が余り良くない。

自費診療の全部被せ物
自費診療の全部被せ物

利点:20Kで出来ているので、耐久性に優れ咬み合せにも優しいので、顎関節症状を起こすことが少ない。
欠点:健康保険適用外である。

健康保険の部分被せ物
健康保険の部分被せ物

利点:安価
欠点:数年すると隙間が空いて来るので、耐久性が悪い。

自費診療の部分被せ物
自費診療の部分被せ物

利点:20Kで出来ているので耐久性に優れ、二次虫歯になりにくい。
欠点:健康保険適用外である。

ページの先頭に戻る